アクセスカウンタ

彦根キリスト集会

プロフィール

ブログ名
彦根キリスト集会
ブログ紹介
彦根キリスト集会は、現在少人数ではありますが聖書の真理に従い、イエス・キリストにある信仰を守り、聖書を通して、神の愛とイエス・キリストによる救い即ち福音を伝えるクリスチャンの集まりです。
私達は、聖書について学び、イエス・キリストを中心とした交わりを大切にしています。
zoom RSS

聖書メッセージの集い

2017/02/26 10:32
「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」(聖書)

日時:平成29年3月12日(日) 午後2:00〜3:00


場所:彦根キリスト集会(住所:彦根市京町3丁目4−13)


お話し:古賀 敬太氏 (大津キリスト集会)


※お車でお越しの方は、彦根駅前のタイムズ駐車場をご利用下さい。料金は当集会でお支払致します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月のみことば

2017/02/05 15:12
「わたしは安らかに伏し、また眠ります。主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。」(旧約聖書 詩編4:8節)

 睡眠は、自然な元気の回復方法です。誰にでも与えられているものです。しかし、この睡眠を妨げるものがあります。

それは心配事、思い煩い、不安、恐れ、と心をわずらわすものが心を支配をします。これらは睡眠をそこないます。

人の心は確かな信頼と結び付くことが必要です。聖書は確かな信頼、それは神様にあります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月のみことば

2017/01/08 15:01
「みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます。」(旧約聖書詩編119:130)

 “奇跡の人”と言われたヘレン・ケラー女史、聞こえない、見えない、話せない、三重の障害を持っておられた方です。この方は、暗闇に置かれた自分に光を投じてくれたのは聖書だと言われます。特に心の闇に光を照らして、勇気と愛と生きる力を与えてくれたのも聖書の言葉ですと語られます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クリスマスの集いのご案内

2016/11/20 14:56
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
                                                           (聖書 ルカ2章11節)

 クリスマス、それはイエス・キリストの誕生をお祝いする事です。イエス・キリストが救い主として来られた目的は、私達、人間が背負う罪の重荷、死の重荷から解放し、いのちの希望を与えるためです。
 この機会にいのちの希望についてご一緒に考えてみませんか。お越しをお待ちしております。


 日時:平成28年12月4日(日) PM2:00〜4:00

 場所:彦根キリスト集会
               住所 彦根市京町3丁目4‐13
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


聖書メッセージのご案内

2016/10/09 10:39
 10月となり、秋の季節を肌で感じる頃となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。この度聖書を分かりやすく知っていただく集まりを計画致しましたので、お忙しい中と思いますが、皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

 「私は山に向かって目を上げる。
    私の助けは、どこから来るのだろうか。私の助けは、天地を造られた主から来る

                                                       (聖書)

   日時 平成28年10月23日(日) 午後2時〜3時

   聖書の話 渡丸 巻夫氏 (群馬キリスト集会)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


8月のみことば

2016/08/21 13:44
 世の中で歓待され、招かれるのは、有名人、著名人、功績を収めた人です。
しかし、救い主イエス・キリストが招かれるのは、「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(聖書 マタイ11章28節)

”あなたは荷を背負っていませんか。”
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月のみことば

2016/07/03 15:03
 アウグスチヌスと言う信仰者はこの様に言ったと言います。

人が真に立つ事ができる秘訣は「神を呼び求める事」ですと。

人はこの神から離れて、迷いの闇に、さまざまな重荷にうめいています。

「彼がわたし(神)を呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう」(詩編91:15節)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


6月のみことば

2016/06/05 13:45
 江戸時代の佐賀藩の家老で“村田若狭守政矩”と言う人がある時、海上を警護しておりました。

海面に羊皮紙が浮いているのを見て拾い上げましたが、オランダ語で書かれた物でさっぱりわからなかったそうです

が、後に一人のオランダ宣教師によってその読み物が救い主イエス・キリストの事であると聞き、何とその家老はイエ

ス・キリストを救い主と信じたというのです。イエス・キリストは時代を超えて人を救うことができます。

「神の子イエス・キリストの福音のはじめ」(聖書 マルコ1章1節)
 
 神様の前にある罪から永遠の裁きから救うことのできる救い主です。





                   聖書メッセージのご案内

   日時:平成28年6月26日(日) PM2時〜3時

   聖書の話:新道 利浩(堺キリスト集会)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月のみことば

2016/05/01 15:15
「知恵のある者とともに歩む者は知恵を得る。愚かな者の友となる者は害を受ける。」(聖書 箴言13章20節)

 人生、誰と一緒に歩くかによって大きく違って来ます。飲み友達、趣味の友達も良いかも知れません。
 しかし人生の友は、自分を叱咤くしてくれ、また励ましてくれる信頼出来る友が必要ではないでしょうか。
“イエス・キリストは「見よわたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」と言われます。”
 イエス・キリストを信じ友となって神から頂く知恵と祝福こそ生きる力です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月のみことば

2016/04/10 10:29
「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(聖書マタイ11章28節)

 人は、疲れたり、目に見えない荷を背負って人生に疲れる事があります。これは全ての人に例外ではありません。お酒や、ギャンブルによって、そこから抜け出せずに苦しんでおられる方がいらっしゃいます。依存症です。
神様に頼る事は依存とは違います。“頼る”ことは人格と人格の信頼から生まれてくるものだと思います。
“わたしのところに来なさい”と言われるイエス・キリストは信頼できるお方です。是非この方を知ってください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月のみことば

2016/03/13 15:21
「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。」(旧約聖書:伝道者の書12章1節)

 私はこの聖書のことばから風船で作ったミッキーマウスの顔を連想します。空気いっぱいのはちきれんばかりのミッキーの顔は愛らしく子どもが喜びます。
 しかし時間の経過と共に空気が抜けますと愛らしさは薄れ、やがて見るに忍びない顔になります。人の人生も若い時は体力もあり、希望に溢れておりますがその晩年はどうでしょうか。孤独と空しさと、淋しさは年老いた者の心理かも知れません。
 しかし、聖書の神は私達の老いの人生も神の恵みと祝福の中に守ってくださいます。“あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。”(旧約聖書:イザヤ書46章4節)
 あなたを背負われる神に出会って下さい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月のみことば・ご案内

2016/02/14 15:43
「人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。」(旧約聖書:箴言14章12節)

 これは目で見るみちではなく人の人生、生き方です。人の考える人生は豊かさと、健康と、仕事の充実でしょうか、幸いです。しかし、これらが満たされても死を乗り越えられる人生とは言えません。
“聖書の言う人生はこう言ってます。”
「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。」(新約聖書:ヨハネ5章24節)



 聖書メッセージのご案内

 日時:平成28年2月21日(日)

     午後2:00〜3:00

 お話:河辺 勝治 氏(尼崎キリスト集会)
     


 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月のショートメッセージ

2016/01/10 10:50
「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って見よ、すべてが新しくなりました。」(新約聖書 第2コリント5章17節)



 新年になりますと多くの人々は新しく決心をしたり、今年こそ新しくなろうとします。そして日本の古くからの習慣である初詣をして決意の程を致します。
 しかし本当にこれで新しくなれるでしようか、また自分がどう新しくなりたいのかと言う事も意味深い事ではないでしょうか。人は自分の意志や決心で自分を変えると事はむずかしいと思います。
 聖書によりますと救い主なるイエス・キリストによる一新が必要だと言っています。イエス・キリストを救い主と信じ受け入れる時いっさいの過去から断ち切られて新しい出発を初める事ができるといいます。キリストによる一新について考えて見ませんか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クリスマスの集いのご案内

2015/11/15 10:38
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。
    (聖書:ルカ2章11節)


 世界中の人たちが、十字架にかかって死んだイエス・キリストの誕生をどうしてこれほどまでに喜び祝うでしょうか。
 イエス・キリストが救い主として来られ、十字架にかかられた目的は、私たち人間が背負う罪の重荷、死の重荷から解放し、いのちの希望を与えるためです。あなたのクリスマスでもあるのです。
 この機会にクリスマスについてお知りになりませんか。ぜひのお越しをお待ちしております。


 日時:平成27年12月6日(日)
     PM2:00〜4:00

 場所:彦根キリスト集会
      彦根市京町3丁目4−13 TEL0749(26)1257


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


聖書の集いのご案内

2015/10/04 14:48
 秋の季節を肌で感じる頃となりました。この度聖書を分かりやすく知っていただく集まりを計画いたしました。今の時、聖書が示す平安と希望について考えてみてはいかがでしょうか。
ぜひお越しください。お待ちしております。


日時:平成27年10月25日(日) 午後2:00〜3:00

場所 彦根キリスト集会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


9月のみことば

2015/09/13 10:34
「きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか」(聖書 マタイ6章30節)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月のみことば

2015/07/12 15:42
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです」(聖書 ヨハネ14章6節)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


聖書の集いのご案内

2015/04/12 10:26
 花便りも伝わる季節となりました。何かと気忙しいときですが、心静かに聖書の言葉を聞く一時を過ごされては
 いかがですか。ぜひお越しください。お待ちしております。


日時:平成27年4月26日(日) 午後2:00〜4:00

お話 西谷 春夫氏(大和王寺キリスト集会)

場所 彦根キリスト集会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月のみことば

2015/02/08 10:27
『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』(聖書マタイ25章40節)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月のみことば

2015/01/11 10:29
『いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。』(聖書Tテサロニケ5章16〜18節)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

彦根キリスト集会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる